お役立ちコラム

Q & A 雇用保険の遡及加入   ( 2015.08.11 )

1年ほど前に雇い入れたあるパートタイム従業員は雇用保険の加入条件を満たしていたのですが、加入手続を行っていませんでした。

遡って加入することはできますか。また、何か注意することはありますか。

解説 雇用保険の被保険者資格取得の手続は、原則として雇い入れた月の翌月の10日までに所轄のハローワークに対して行う必要があります。

これを怠ってしまい、提出期限から6ヶ月以上経過してしまった場合には、遅延理由を記載した書面の提出が求められます。加えて、雇い入れ時からの出勤簿や賃金台帳の提出も必要となりますのでご留意ください。

なお、雇用保険の加入手続を遡ることができる期間は基本的には2年間が限度です。

ただし、平成22年10月1日より、雇用保険料が給与から控除されていた記録がある場合に限り、2年を超えて遡って加入手続ができるようになりました。

また、遡って資格取得すると、労働保険料の修正申告が必要になります。

労働保険料の納付は年度ごとですので、雇用保険の遡り加入期間が年度をまたいだ場合(その年の3月以前に遡って加入させる場合)に、申告が必要となります。

ご質問では、1年程度前の雇い入れとのことですので、労働保険料の修正申告が必要となる可能性が高いように思われます。

修正申告の手続に際しては、次の2つの書類が必要です。

・修正前に提出した労働保険料申告書・賃金集計表のコピー

・修正後の労働保険料申告書・賃金集計表

これらの書類をご用意され、所轄の労働基準監督署または、都道府県労働局の労働保険徴収課にご相談されるのがよいかと思います。

Q&A 雇用と業務委託の違い

お役立ちコラムトップへ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お気軽にご利用ください

  • 人材適性診断
  • スタート支援パック
  • 初回無料メール相談
  • 初回無料メール相談
  • 岡野社会保険労務士事務所ニュースレター 無料サンプル購読

業務内容

お役立ちコラム

事務所案内

  • 岡野社会保険労務士事務所
  • 所長:岡野 耕児
  • 〒154-0024
  • 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-3 
    山本ビル901
  • 電話:03-6804-0193
  • FAX番号:03-6804-0193
  • 営業時間:9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム