お役立ちコラム

従業員の既往症の確認   ( 2013.02.18 )

従業員からの自己申告を求め、確認をとられることをお薦めします。

ただし、具体的な病名をあげて、直接その病気について確認されるのはお控えください。
無用のトラブルの元になりかねません。


病歴などについて従業員・新規採用予定者の方にご確認される場合においてポイントとなるのは、業務に病歴や症状が支障をきたすかどうかということになります。

新規採用予定者の場合には、まず、業務内容についてきちんと説明したうえで(運転や機械操作を伴う業務に従事する場合、業務中に突然倒れたり、意識を失うことがあれば、自分自身さらには周囲の人をも危険な状況になることがあるなど)その業務に対して、支障が出るような問題や気になることはないかをご確認されることをおすすめします。


業務に対しての支障の有無について確認し、その回答を面接・面談記録にしっかりと記録することが重要となります。

ここで、面接・面談時に説明をし、支障はないとの回答を得たことをきちんと記録として残しておくことが、後日、何か問題が生じた場合の、貴社のリスク回避につながってきます。

既存の従業員の場合にはアンケートをとるなどの選択肢もございますが、一対一のプライバシーが守られる状況での面談をし、現在の業務に支障をきたすような問題や症状がないかをご確認され、回答について記録を残すという方法をお薦めします。

日本再生人材育成支援奨励金

お役立ちコラムトップへ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お気軽にご利用ください

  • 人材適性診断
  • スタート支援パック
  • 初回無料メール相談
  • 初回無料メール相談
  • 岡野社会保険労務士事務所ニュースレター 無料サンプル購読

業務内容

お役立ちコラム

事務所案内

  • 岡野社会保険労務士事務所
  • 所長:岡野 耕児
  • 〒154-0024
  • 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-3 
    山本ビル901
  • 電話:03-6804-0193
  • FAX番号:03-6804-0193
  • 営業時間:9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム