お役立ちコラム

「職場のメンタルヘルス対策」が来年義務化される見通し   ( 2011.11.15 )

仕事上のストレスが原因でうつ病などになる人が増えるなか、厚生労働省は事業者に対し、すべての従業員にストレスに関する検査を受けさせるなどのメンタルヘルス対策を義務づけることを決め、今の臨時国会に法律の改正案が提出されることになりました。

厚生労働省の審議会で示された法律の改正案によりますと、事業者はメンタルヘルス対策が義務づけられ、医師や保健師が行うストレスに関する検査をすべての従業員に受けさせることになります。さらに、従業員が希望すれば専門の医師の診察を受けさせるほか、医師の助言を受けたうえで勤務時間の短縮や部署を変えるなどの改善策を取ることも求められています。

過剰なノルマや上司の厳しい叱責、長時間の時間外労働などの仕事上のストレスでうつ病などになり、労災を申請する人は年々増加し、昨年度、労災を申請した人は過去最多の1181人と、10年前のおよそ6倍に上っていますが、なかなか有効な対策が講じられていない現状から、労働安全衛生法の改正に至ったと思われます。

労働安全衛生法や労働契約法では事業主に、「従業員の健康や生命を守る安全配慮義務」を求めていますが、今回のメンタルヘルス対策義務化により、各人のストレスに対する状況を事業主は知り得ることになるので、より高いレベルでこの安全配慮義務が問われるようになると考えられます。

今後は従業員の労働時間の管理や、職場の人間関係等にこれまで以上に配慮が必要になってくると思われます。

雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金の最近の改正点・変更点のまとめ

お役立ちコラムトップへ

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ

お気軽にご利用ください

  • 人材適性診断
  • スタート支援パック
  • 初回無料メール相談
  • 初回無料メール相談
  • 岡野社会保険労務士事務所ニュースレター 無料サンプル購読

業務内容

お役立ちコラム

事務所案内

  • 岡野社会保険労務士事務所
  • 所長:岡野 耕児
  • 〒154-0024
  • 東京都世田谷区三軒茶屋1-37-3 
    山本ビル901
  • 電話:03-6804-0193
  • FAX番号:03-6804-0193
  • 営業時間:9:00~18:00

事務所案内の詳細

お問い合わせフォーム